Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

ぐるなび、ビッグデータを活用しユーザー満足度向上へ【日本】2014.08.28

日本の飲食店情報検索サイト「ぐるなび」はサービス強化に向け、ビッグデータ分析基盤にマップアールテクノロジーズ株式会社の「Hadoop」を採用した。

マップアールテクノロジーズ株式会社は世界最高速の処理能力を持ち、優れた安定性と操作感に定評のある商用版のHadoopを提供している。今回の導入により、ぐるなびはサーバー台数の大幅な圧縮による運用効率アップ、ビックデータの活用が可能となった。またHadoop基盤のインフラ設計/運用管理に強いノーチラステクノロジーズがぐるなびの強力なサポーターになる。同社が開発したHadoop向けの開発フレームワーク「Asakusa」の利用が実現すれば、大容量データを多数のサーバーで分散並列処理し、高速データ処理が可能になる。

マップアールテクノロジーズ

ビックデータをより効率的に分析/運用することで、新しい付加価値をユーザーに提供できる点は大きな魅力である。よりユーザーに使いやすいサイトとして、ぐるなびの今後が注目される。

【企業サイト】株式会社ノーチラス・テクノロジーズ
【企業サイト】マップアール・テクノロジーズ株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る