Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

レスポンシブデザインでサイト運用を効率的に【アメリカ】2014.08.23

アメリカのWebFL.US社は、フルサイトとモバイルサイトの両方を運用する企業向けに、ssRwdという方法論を提供している。

ssRwdとは、speedy secure responsive web designの略称のようだ。モバイルサイトへのリダイレクトを使用しているサイトは、モバイル検索のクリックの60%を獲得できず、このため主要なモバイルeコマースサイトの39%は売上が減少しているとの報告がある。同社のデザイナーBruce Arnold氏によると、ssRwdに基づくレスポンシブデザインで、これらの問題を解決できるという。ssRwdを利用すれば、PCとモバイルの2つのサイトを持つ必要はなくなり、PC、モバイルを問わず、スクリーンサイズや能力に合わせてコンテンツの表示を最適化可能なのだ。

WebFL.US

モバイルユーザー数がデスクトップユーザーを越えると予想される今後、レスポンシブデザインは必須だ。また、ページロード時間をはじめとしたUXも売上に大きく影響する要因であり、企業にとって重要な課題といえよう。

【企業サイト】WebFL.US

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る