Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

コンバージョン率とウェブデザインの関係【アメリカ】2014.08.18

アメリカのウェブデザイン会社、Cloud1Marketing社がコンバージョン率を高める上でのウェブサイトデザインのポイントを紹介した。

同社はまず、ユーザビリティを高めることが大切だと語る。ユーザーがタスクを容易に、素早く完了できることは非常に重要だ。また、重要な部分には大きな見出しをつけ、コンテンツを強調することも忘れてはならない。さらに、スクロールせずに見える部分に、口コミやナビゲーションボタン、検索バーなどの重要な要素を設置しておく。ウェブサイトのロード時間はできるだけ短くするよう設計にする。ウェブサイトデザインの美しさにもこだわるべきだろう。色やビジュアルは心理面に大きく影響する。画像や文章、空白などを美しく配置し、ユーザーの行動を喚起することが肝要だ。

Cloud1Marketing
コンテンツさえ充実させればいいと考えがちだが、コンバージョン率の改善にはウェブデザイン全体の見直しも必要といえる。

【企業サイト】Cloud1Marketing

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る