Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

Rakuten Marketing、2014年第一四半期は絶好調【アメリカ】2014.07.01

アメリカのRakuten Marketingは、2014年第一四半期の業績がすべてのデジタルマーケティングチャネルで非常に好調だったと発表した。

Rakuten Marketing

同社は、アフィリエイトやリターゲティングなど、さまざまなデジタルマーケティングサービスを提供する会社。今回の業績で一番目を引くのは、同社のサービスを利用する広告主が2桁の成長を達成している点だ。さらに、同社はいくつかの新たな広告主と契約を結び、マーケティングチャネル拡大を希望する契約済みの広告主から契約額増額も獲得している。具体的な業績は、たとえば米国でグローバルアフィリエイトマーケティングの前年比の既存店売上成長率が23%、モバイルオーダーの前年比成長率が99%、タブレットコマースの前年比成長率が36%であった。
「売上に貢献する各チャネルの役割を適切に認識し、各キャンペーンに一番有効なチャネルを決定するのは大変だ。しかし、成果主義モデルと経験豊かなクライアントサービスチームによって、キャンペーンの目標を超える。」と同社のデジタルマーケティングマネージャーのMark Blenkinsopは述べた。

様々なマーケティング手法、Webメディアが乱立する中で、マーケティングチャネルの使い分けは、企業の業績にとってますます重要になりそうだ。

【企業サイト】Rakuten Marketing

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る