Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

【アメリカ】ページ読み込み速度とコンバージョン率の意外な関係2014.01.30

アメリカのWebFL.USは、Googleのアルゴリズムに対応したmax.PSOを発表した。同社は、ウェブデザインの設計からウェブ上でのマーケティングまでを担当している。

同社のオーナー、Bruce Arnoldはこう語っている。「検索のレベルが高度化し、PC以外のデバイスでも大容量の情報を受け取ることができる。今の時代に必要なのは、つながりやすさだ。サーバー通信速度、ページの更新速度など挙げればきりがないが早さこそが重要なのは間違いない」現にAmazon社はページの更新が0.1秒速くなると1%売上が伸び、ウォールマート社は1秒ページ更新が速くなると、コンバージョン率が2%上昇すると発表している。max.PSOはこの点にこだわり、JavaやCSSなどで作成されたページコンテンツが最適化され、アクセススピードの向上に貢献する。

WebFL.US

自社サイトのコンバージョン率の向上に課題を感じているマーケッターにとっては、ページの更新速度などに着目することで解決の糸口をつかめるかもしれない。

【企業サイト】WebFL.US

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る