Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

【アメリカ】データの相互分析を可能にするソフトウェア2014.01.03

アメリカのデータウェアハウス事業会社BitYotaは、SQLを用いたMongoDBから得られるJSONデータの相互分析を可能にしたと発表した。今回の開発によって、以下のことが改善される。

・MongoDBのユーザーがBSONフォーマットから変換されたデータをいつでも抽出できる
・MongoDBのSQLを用いることによって、JSONフォーマットで保存されているデータをすぐ検索することができる
・JavascriptやPerlといったスクリプト言語にたいして、SQLを持ち手書き込みができ、データの小細工やアルゴリズムの分析などを同じデータで行える。

さらに、セットアップや使用の際にわからないことや不明な点をサポートする体制が完備している。また、BitYotaのデータウェアハウスを既に導入している小規模ビジネスへの分析ツールのSaaSを行っているSumAll社は、MongoDBに蓄積されたデータのの諸栗速度が速まり、自動的な解析も進められたことで、いつでも必要なデータを完璧な形で手に入れられるようになった。

BitYota

ビッグデータ時代において、サンプリングの必要性がない分、多くの量を分析することが必要になる。しかし、様々なフォーマットの情報が存在する中、フォーマットを選ばずに分析や検索、書き換えのできるツールは、分析にかかる手間をかなり削減してくれそうだ。

【企業サイト】BitYota

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る