Webマーケティングの成果改善を支援するニュースサイト

【アメリカ】街灯の電気消費量などの調査会社がWebマーケティングのコンサルティング事業に参入2013.12.30

アメリカのPersptive Analyticsは、Street LIghiting Evaluation Tool(SEAD)を更新する事業のCLASPの受注を入札によって勝ち得た。それにあわせて、同社はインターネット上の情報解析分野のコンサルティングを行うことを表明した。

SEADは街灯や街の証明のエネルギー使用量や光量などを調べる道具のことである。今回の受注に関して、同社CEOであるChaitanya Sagarは「我が社の競争力や課題解決力の強さが証明された」と述べている。一方で、同社は、インターネットにおけるマーケティング分析業界のトップ企業である。その企業が、マーケティング分析のコンサルティングを行うと表明した。自信の表れとして、実際に同社がインターネットによるマーケティングのコンサルティングを行ったカリフォルニアのホテルの事例を挙げている。結果的にそのホテルはオンライン予約でも電話予約でも急激な増加を上げており、同社のコンサルティングの成功例としている。

Persptive Analytics

街灯のデータを集める技術とホテルの集客を集める技術といった、一見かかわりがないような業界や分野にも新たなビジネスチャンスが転がっているかもしれない。

【企業サイト】Persptive Analytics

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスティング広告の成果改善をご希望の方へ

ソウルドアウト株式会社では、リスティング広告運用サービスも提供しています。ソウルドアウトのリスティング広告運用には、下記のようなメリットがあります。

  • ・ランディングページまでトータルで改善するサービスもご提供しています
  • ・リマーケティング、リターゲティング、ディスプレイ広告等もニーズに合わせてご提供しています
  • ・原則的に24時間以内の素早いレスポンスを心がけています

トップへ戻る